振袖 【セミナー開催決定‼︎】『客単価25万円』の振袖レンタル店の作り方

いつも和装ビジネス.comをお読みいただきありがとうございます。
船井総研の髙橋です。

 

突然ですが、質問です。
皆様のお店では、成人のお嬢様一人当たりの客単価はどれくらいでしょうか?

 

事業体によって
□振袖ごとに完全に金額が異なるパターン、
□ある程度の金額帯を設計して定額にしてあるパターン、
□写真館さんで、撮影のオプションになっているパターン

 

などサービスの展開内容は色々あると思います。
ただ理想を言うと一人当たり20万円位の単価は欲しいところ。

 

ですが、船井総研が全国様々な振袖事業者さんに聞く限り、
成人客一人当たりの単価は、お店によってかなりバラバラ。
タイトルの通り25万円近くの単価を叩き出すお店もあれば、
逆に10万円を切ってしまうお店も・・・

 

ではこの差は一体どのような理由で生まれるのでしょうか?

 

理由は明白で、
□振袖の提供のみ、もしくは写真撮影のみしか行っていないから
□振袖と撮影両方を提供していても、どちらかを外注しているから

この2つに尽きます。

 

振袖と撮影のどちらかでは当然単価は落ちますし、
お客様は一つの所で振袖から撮影まで終わらせたいので他店に流れてしまいます。
また、外注していてはその分マージンを払う必要があり単価が大きく下がります。

 

つまり、この先振袖事業で業績を大きく伸ばしていくためには

振袖から撮影まで自社で一貫したサービスを提供する事が必須である
という事です。

 

そしてこれがタイトルに書かれた、客単価25万円を達成する秘訣なのです。

とは言っても
「カメラマンも居ない現状、内製化するまでの方法がわからない・・・」
と考えられている呉服事業者の方は多いはず。逆に、
「撮影はできても、初期投資のかかる振袖レンタルを一気に展開するのには正直かなり勇気がいる…
と写真館事業者の方は考えられているのではないでしょうか?

 

そこで!!!

 

来たる8月28日(水)

□振袖レンタルをもっと打ち出したいが件数が横ばいで、業績の上げ方が分からない呉服事業の経営者様
□七五三の名簿客・撮影客が年々減っている写真館事業の経営者様

を対象に、セミナーを開催する事が決定いたしました‼︎

 

本セミナーでは、振袖レンタルを強化した事で
撮影からアルバムまで一貫したサービスを提供し
成約客数が1.5倍!今なお急速に業績を伸ばしており、
また船井総研の『振袖レンタル専門店経営研究会』の会員様でもいらっしゃる、
福島県の有限会社あんざい写真館 岸村陸様
ゲスト講師としてお招きします!

 


なお、今回のセミナーは外部会場での開催のため、本当に心苦しいのですが、
限定50席のみのご案内になります。

 

この記事はメルマガ会員様に先行配信しておりました。

↓無料メルマガご登録はこちらから↓
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/fashion-funai/post/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆振袖レンタル立ち上げセミナー特設サイト◇◆◇◆◇◆

 

▼詳細は下記URLをご参照ください▼詳細・お申し込みはこちら ≫

 

次回のメルマガでは、苦戦する事業者も少なくない中、
他社との差別化を計りビジネスモデルを確立する
振袖レンタル専門店の成功のヒミツについて掲載させていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。