振袖 2018 年版マーケットレポート シイキ写真館の驚くべき振袖ブランディング戦略!

静岡県磐田市に本店を置くシイキ写真館が今すごい事になっています。振袖取り扱いまったくの未経験から初めて、たったこの数年間で一気に振袖レンタル数地域一番を達成する事が出来ました。その驚くべき急成長の秘訣をご紹介します。

 

1. 歴史がすごい!
シイキ写真館は1925年創業の歴史ある専門写真館です。歴代の店主はいずれも沢山の賞を受賞する有名な写真家でした。そんな有名写真家一族の後を継いだのが3代目の現社長です。現社長もやはり写真業界では有名な写真家でカリスマと言われた人物です。今までのシイキ 写真館の歴史は肖像写真とブライダル写真の歴史でした。光を巧みに 操り店主自らがカメラを握って撮影する、いわゆる専門写真館の営業 スタイルを長年踏襲して来ました。船井総研とのお付き合いはまだまだブライダル写真が隆盛を極めている時でした。しかし当時の社長は「これがずっと続くとは思えないので次の準備をしたい」そんな相談を私にしてくれたのを記憶しています。

 

2. 1 回目のゲームチェンジがすごい!
最初に私がお手伝いさせていただいたのは子供写真でした。ブライダル写真で収益を確保できているうちに、次の収益の柱を準備すると言う一回目の「ゲームチェンジ」のご提案でした。当時は既に子供写真ブームの成熟期に差し掛かっていましたが、ご提案がお客様に刺さり次々と子供専門写真館を出店する事になりました。その間に社長が予想していたようにブライダル市場は落ち込みを見せて婚礼写真の受注も急激に落ちてきたのです。子供写真に「ゲームチェンジ」していなければどうなっていた事かとゾッとしたと当時社長が語られていたのをはっきり覚えています。

 

出典 和装ビジネスマーケットレポート2018

著作者 船井総合研究所 上席コンサルタント 田崎昌美