和装研究会の会員の10の感動成功事例①

このページは昨年度のこのセミナーで講演した内容のダイジェストです。船井総研の「和装ビジネス経営者研究会」(和装研)の会員様の中で成功している10の事例を紹介したものです。
詳しくお知りになりたい方はマーケットレポート2016年号をお読みいただくか、船井総研スタッフにお尋ねください。

1. 0から振袖レンタルをスタートして5年で1000枚突破! 
和装研会員の中でダントツに振袖を伸ばしている写真館様の事例です。船井総研で開発した、日本において始めて無料で振袖をレンタルするビジネスモデルを導入して、振袖扱い0からスタートして5年間で1000枚を突破。まだまだ伸ばし続けている企業です。子供写真で蓄積した名簿もお持ちですし、地域美容室とのアライアンスも強化しているので、今後のさらなる成長は間違いないでしょう。

 

2. 振袖販売で急成長!こつこつ5年で勝ち取った地域一番!   
こちらの事例は大型食品スーパーの呉服部門が振袖特化に切り替えて、5年で地域一番まで登りつめた事例です。振袖後発だったこのお店に取っていただいた戦略は「ママ振り対応No1」でした。「相談会ソリューション」を使ってお母様の来店客数を伸ばし、ママ振り対応のみならず、販売やレンタルの点数も格段に伸ばしました。

 

3. 脅威のV字回復!コンパクトきものショップへの業態転換!   
現在はサテライトショップと呼ばれている手法で「組織販売」から「店舗販売」へ緩やかに業態転換を果たすことに成功した企業様。組織販売で使用していた立地の悪い大型展示会場へ、周辺商業施設に出店したサテライトショップ+パスポート販売と言う手法で見事に集客することに成功。現在も出店による商圏拡大を進めて客数を増やしています。

 

4. たった2000円からはじめたFacebook広告で振袖受注! 
インターネットを使う集客法は大手企業の専売特許?そんな概念を覆してくれた会員様の事例です。この会員様は企業規模が小さく、ホームページすら持っていない大きな投資が出来ないお店です。そんなところが2年前に船井が研究をしていた「Facebook広告」を使った振袖集客法にチャレンジ。見事にたった2,000円の広告費で2点の振袖受注をヒットさせました。

 

5. 新聞チラシだけで集客300名突破!真のきもの専門店を!  
新規客を作ることに苦慮しているお店は多いです。この事例は新しい「バラエティチラシ」と言うスタイルの新聞チラシで新規客の集客を成功させたものです。このチラシは和装研の会員同士でも共有して、会員の皆さんに確実に新規客をもたらす事となりました。

 

出典 和装ビジネスマーケットレポート2017

著作者 船井総合研究所 上席コンサルタント 田崎昌美